日々のくらし米麦野菜 清水農園・厚木

神奈川県厚木市の小農家 都市化の中でチャレンジ

バットグアノ

バットグアノとはインドネシアの姫コウモリの糞を肥料に固めたもの。本では知っているが、実物は初めて見た。ホームセンターで見かけて購入。幻の肥料とあった。にんじんにリン酸肥料として条間にパラパラと散布して土を被せる。

セルリーと金時にんじんのピクルス

セルリーの軸がやや太くなったので下葉を取ってきた。これと金時にんじんでピクルス作ろうという狙い。セルリーの香りが強烈。セルリーはあと1カ月でどこまで大きくなるか。そこから先は寒くて育たないという。肥料喰いで半月毎に追肥を打つ。

金時にんじん間引き遅すぎ!

8月初めに播いた金時にんじん。間引きには遅すぎた。色もつき始め、太さも増してきた。間引きしようとしても葉っぱが切れて抜けない株もある。このまま育てるしかないな。11月の品評会に間に合うかな。播種時期、間引き、追肥、追肥の種類、リン酸、バットグ…

身近な場所に素晴らしい景色がある【秦野盆地の雲海】

10月6日二度と来るもんかと思った表丹沢縦走三ノ塔から塔の岳への上り、くさり場、強くて冷たい風。しかし行く途中にはこんな素晴らしい景色があった。バスでヤビツ峠に向かう途中、蓑毛を過ぎていよいよ人家が切れ山道に差し掛かったころ、背後に雲海が見え…

キャベツ定植

9月14日に播種のキャベツ。初めてプラグトレイに播いてみた。本葉3枚で移植するというので株はまだまだ小さいがマルチを敷いて150本植えた。手前のコーヒーカップで土を上げて、箸でトレイから引き揚げ移植する。4時間かかり背中が限界まで張っている。セル…

さつまいも貯蔵

千葉県の資料にはさつまいも貯蔵は温度16度から19度、湿度90パーセントから95パーセントが最適とある。もみ殻にくるんで貯蔵するのがよく取られている方法。湿度計を購入して測定すると90パーセント。 形のいいものにしようと船底植えにしたんだが、こんな巨…

懐中電灯修理

10年近く前に買った懐中電灯。青少年相談員という役割を仰せつかったときに購入した。4年間夜のゲームセンターや溜まり場になりそうなコンビニや夜間無人の神社⛩を回ったがパチンコもやらず、ゲームセンターも始めて入ったような身には場違いなというか、役…

とんぷんもみ殻堆肥

稲刈りが終わってからも落花生やさつまいもの収穫、くんたん作りと続き堆肥作りまで手が回らなかった。畜産センターに予約し、軽トラ一杯分とんぷんを運んだ。今回はからからに乾燥しきっていて運ぶには都合がいい。二反分とちょっとのもみ殻(250キロくらい…

自治会運動会

自治会対抗の運動会。出たのは大玉ころがし。これは対抗種目ではなく、気が楽。写真は綱引きで対抗種目。一回戦は勝ったが二回戦で敗退。お疲れ様でした。

塔ノ岳登山

高校のOB会で念願の塔ノ岳(丹沢山)登山。先週の台風24号の強風でなぎ倒された木が菩提峠から塔ノ岳までは何本もあった。クサリ場を過ぎ、ようやく着いた山頂は強風が吹き荒れ、立っているのが精一杯なほど。更に寒く、霧に覆われ視界もきかない。時折ユー…

落花生出荷、かぶ播種、薫炭

280円で10袋出荷。ポップには落花生の豆の出来方。花と茎、もぐって実がつく様子、5日干してカラカラと音がすることをアッピール。 これはかぶの播種の穴。株間10センチ、条間15センチで2、3粒ずつ播種。キスジノミハムシ対策でフォース粒剤をまく。名前から…

おさつ

我が家のさつまいもは紅あずま。お茶が欲しい粉系のさつまいも。掘って一月くらいで甘みが増す。デンプンがショ糖にかわるのだという。熱を加えても変わる。十五夜の飾りに掘ったものを1週間くらいで食べても美味しくなかった。あれっと思ったが、 調べたら…

間引きニンジンのぬか漬け

さっそく間引きニンジンのぬか漬けを食す。歯ごたえ、香りよし。

金時ニンジン間引きと料理

金時ニンジンの2回目の間引き。自家製ボカシ肥料を3週間くらい前に手スコップで溝施肥した。長いほうは40センチを超えた。発色はこれからなんだろう。間引きは昨夜はぬか漬けにしたがこれは何に使おうか。 間引き菜の甘酢漬け出来上がり。

落花生掘り上げ

雨の降った後なので一晩ひっくり返しておいた。我が家で連綿と作くられ続けてきた落花生。去年初めて夢未市に出荷。職場の会話で落花生の出来方がわからないと言われた。落花生の実の付き方を説明し、写真にも撮った。この写真をポップにしたところ、売れ行…

大相撲見物

機会あって大相撲見に来ています。安美錦は声援いっぱい。前に来た時は修学旅行の中学女子が館内いっぱいに響く声援を送っていた。 当世一代の人気もの、遠藤登場。はたき込みで遠藤の勝ち。 白鵬に寄り切られて稀勢の里負ける。

我が家の乾燥、籾摺り、調製設備

三反の田がありお米を作っています。農業はそもそもが循環で、お米は販売、藁は敷き藁として野菜栽培に使う、家畜がいれば敷き藁、堆肥を作る、縄をなう、そうお正月の飾り、籾殻は家畜の糞と混ぜて有機肥料に、焼いて無菌の焼きぬかに、これは薫炭とも言い…

やっと一反刈り終え

雨に二日間たたられ我が家の稲刈り開始。追肥が残っているのか姿に緑色が多く、水分も高め。乾燥に時間かかる。充実しているといいんだが。

稲刈り始まる

後ろの雲が示すようにこの時期、天候がなかなか安定しないが当地でも稲刈りが始まった。去年と比較し夏の猛暑があり、お米の登熟は早まった。適期収穫が求められるので、稲刈りははじまったが、藁はまだ青いのでコンバインには負担がかかりスピードは上げら…

台風で千切られる

カラフルにんじんを播いて一月。台風20号の風に煽られて何本も千切れてしまった。土寄せを早くすればと悔やまれる。手前はイエローハーモニー、右はクリーム。奥はバイオレット。直売所では色ものが人気だという!

青虫の餌食に

7月に入ってすぐにセルリーを播いてその後鉢上げ、いよいよ定植と思ったら青虫に一気に喰われた。一つずつ手で潰して回復を待つ。定植は39株植え、風で振り回されないように藁で養生し、青ネットで遮光。丁度気温も下がりいい具合になってきた。

ふるさと住民カード届く

飯舘村からまでぃライフと書かれたカードが丁寧な礼状とともに届いた。31日に飯舘村で申請したもの。ふるさと住民という制度があり登録すると送られてくる。今回の訪問をきっかけにいつも心に留めておきたい。次は自転車もっていこう。

飯舘村訪問記

ひょんなことから念願であった飯舘村を訪問する機会を得た。住民の方の案内付きで住民が抱えている苦悩の一端に触れる機会をいただいた。4年前に飯舘村の職員の方から避難と村の現状について話を聞く機会がありそれ以来の関心ごとであった。飯舘村は2011年3…

さつまいも初掘り上げ

9月になって、さつまいもを掘ってみた。芋はきれいなピンク色、イモムシのかじりも少なくグット。去年は虫に齧られてひどかった。春に乾燥させたトウガラシをいっぱいすき込んだのが功を奏したのかしら。白小豆に一つまみずつ化成肥料を追肥。カボチャは茎を…

草刈り、堆肥化

一か月振りに田んぼの畦畔の草を刈った。カメムシ対策でやたらに刈るとカメムシが稲穂に飛び込むので刈らないでおいた。膝まで繁茂してしまい通れない。集めてよく干して堆肥にする予定。有機農業の一歩は堆肥から。しかし暑くてたまらない。めげる。

白小豆本葉出現とミニカボチャの棚作り

8月初めに播いた白小豆に本葉が二つ三つ出てきた。土寄せを早めにしてみた。乾燥しすぎると育たない。 今年始めたカボチャの棚作り。うどん粉病防除さえすれば、個数制限で美味しいのが取れるかと栽培継続。

丹波黒豆の花

8月も下旬になって丹波黒豆の花が咲きはじめた。紫色の小さい花。台風の余波で雨が振って大助かり。花の時期だけは雨、水分が必要な作物だ。このからから天気では育たない。尿素の葉面散布が効くといいんだが。

ピーターコーン

6月に植えたピーターコーンをもいできた。先々週はやや早いと感じたが今回は遅すぎか。先が開いている。来年はこの時期に出荷してみようと思う。6月7月は夢未市に沢山出るがこの時期はあまり見ない。ずらして出荷を狙う。テレビは金足農業高校対近江高校。農…

ヒンメリを頂く 見飽きない

縁あってヒンメリをいただいた。菱形を組み合わせた造形で二重になっていて風に揺れる様は見飽きない。調べるとヒンメリは北欧フィンランドの伝統的な装飾品、冬至の頃のお祭りであるヨウルに飾られる。別名、光のモビール。クリスマスの時期に当たるのでク…

バジルの保存

バジルを伸びるままにしておいたら花が咲いてしまった。慌てて花を摘み、残った葉を乾燥させ、粉にした。ざる一杯分も小さな小瓶一本分にしかならない。しろうりの浅漬けの香り付けによく合う。次はバジルソースだ。