日々のくらし米麦野菜 清水農園・厚木

神奈川県厚木市の小農家 都市化の中でチャレンジ

落花生出荷、かぶ播種、薫炭

280円で10袋出荷。ポップには落花生の豆の出来方。花と茎、もぐって実がつく様子、5日干してカラカラと音がすることをアッピール。 これはかぶの播種の穴。株間10センチ、条間15センチで2、3粒ずつ播種。キスジノミハムシ対策でフォース粒剤をまく。名前から…

我が家の乾燥、籾摺り、調製設備

三反の田がありお米を作っています。農業はそもそもが循環で、お米は販売、藁は敷き藁として野菜栽培に使う、家畜がいれば敷き藁、堆肥を作る、縄をなう、そうお正月の飾り、籾殻は家畜の糞と混ぜて有機肥料に、焼いて無菌の焼きぬかに、これは薫炭とも言い…

やっと一反刈り終え

雨に二日間たたられ我が家の稲刈り開始。追肥が残っているのか姿に緑色が多く、水分も高め。乾燥に時間かかる。充実しているといいんだが。

稲刈り始まる

後ろの雲が示すようにこの時期、天候がなかなか安定しないが当地でも稲刈りが始まった。去年と比較し夏の猛暑があり、お米の登熟は早まった。適期収穫が求められるので、稲刈りははじまったが、藁はまだ青いのでコンバインには負担がかかりスピードは上げら…

ひえもホソバミソハギも

台風のあと田を見回りに行ったら何やら穂の上に細い葉を出している。ひえだ。引き抜く。みそはぎもこの時期に出てくる。季節は回る。草取りがまた始まる。

備中白小豆を播いた

去年から作り始めた備中白小豆を今朝じゃがいも跡に播いた。150粒、まだ少しあるので追加する。今年は、一晩水につけて、直播、2粒ずつとした。青い防風ネットで覆い、鳥避けに。下は数珠玉の草。金田耕地15町あるがここだけになった。 昨日あたりから出穂が…

台風一過の夕陽

台風12号は今九州にあるという。当地は昨夜8時頃、南の海の上を通っていった。昨夜来の雨量は才戸橋で118ミリ、宮ヶ瀬ダムで231ミリ。中津川はダムががっちり水を抱え込んでいるので余り水量は増えないが水は濁っている。畑のトウモロコシは事前に支柱と横棒…

草刈り

7月も半ばになると草丈が伸びる。田の周囲の誰も草刈りしない場所、国が用地買収した回りなど誰もやらずに残ってしまう。カメムシなどの絶好の住処になるのでみんなで草刈りして保つ。

ご褒美

畦畔に除草剤使わないご褒美に今年もネジバナが咲いた。ネジバナは河原や田んぼの畦畔にはえる。見かけなくなったが、何年か前に気がついたらはえていた。冬場に除草剤をまく人が増えたが、我が家は草刈機で済ませている。そうした結果、復活したんだと思う…

稚苗と夕陽

勤めの帰りに田んぼを回るのがこの時期の日課。植えて9日。一回り大きくなった感じ。願望に近い。

田植え本番

いよいよ田植え。天気も良く、暑くも寒くもなく、風もなく絶好の田植え日和。

田植え前日

育苗箱を56箱、軽トラに積んで三箇所の田んぼに運ぶ。台は手製のもの。垂木を組んでわずかに中心に向けて勾配をつけている。初めてのプール育苗は慎重に進めて成功。丈もピシッと揃った。 箱の裏側は根がびっしり回っている。くんたんを入れて灰分が影響して…

弁当肥(べんとうごえ)

田植えの後、活着が遅いのが気になっていた。隣の芝生は青く見えるの類だが、見栄はある。プール育苗をきっかけに田植え4日前の活着を良くするための追肥、弁当肥をやってみた。尿素を使い、窒素成分で千分の一にする。160リットル作り、育苗箱の肩寸前まで…

刈取結束機(バインダー)整備とおやつ

来週予定の麦刈りと田植えに備えてバインダーと田植えの準備、グリスアップを行った。仕舞う時はガソリン抜いているので一発でかかり、マニュアル見ながらグリスアップを行った。ホームベーカリーで焼いたパンをおやつにする。ジャムのアヲハタはなぜヲなの…

代かき開始と思わぬこと

来週田植え予定で今日から荒代かき。去年スピードを落としたほうがいいとアドバイスいただき、中の1速で代をかきはじめた。6時から12時すぎまでかかって三枚(三反)終えた。夕方歯医者に行ったら黒く焼けてますねというので「代かきで焼けました」と言った…

育苗プール水足し

葉が展開し、朝保温シートを取り除いた。もう朝の気温は17度、水温も22度。苗令は1.2.から 1.5。

育苗プール入水

積み重ねをとき、育苗箱をプールに並べて2日目2昼半。緑化も進み、1葉2部といったところ。午後は雨ということで午後から入水開始。調べてみると最初の1葉半までは箱の肩まで水を入れるということで慎重に進める。最初に作った枠はやや狭くて水の回りが心配で…

育苗プール

一昨日作った育苗プールに昨日の昼の雨で水が溜まってしまい、今朝は雑巾で吸い出し作業。このところの低温で発芽が遅れたがこのあと積み重ねを解き、開く予定。気温8度。寒いので暖かくなってから開始。

かぶのあんかけ

かぶを作ったときはあんかけにして食べてみようと思っていた。本日2回目収穫。あんかけにした。1回目は6本中1本が虫にかじられていた。今日は6本中5本がかじられてる。うーん。 6日に播いた籾がこのところの低温で発芽が遅れている。やきもきしてしまう。例…

用水堀ざらい

6日午前は稲作農家の共同作業である堀ざらいの日、朝から晴れてよい日より。たまに雨の時もあるが大雨以外は実行。今回は水門付近の土砂さらう。この用水は中津川から水を引き入れ、集落を一回りし、田を潤し、相模川に注ぐ。今は田は15ヘクタール。畑の灌漑…

籾の播種

5日床土入れて6日播種。籾の量、準備した培土の量もちょうど良かった。一箱あたり166gの籾を播いた。昨年は覆土が少な過ぎて失敗したので今年は多めにした。3日ほど積み上げてビニールで巻き、太陽熱を利用して発芽を待つ。明日から荒れ模様。気温も低く長引…

甘い匂い

30日から浸漬していたはるみの籾が6日目になり甘い匂い、発酵しているかのような匂いがしてきた。籾の芽が動き、糖分が放出されるのだという。ポチとまでいかないが芽らしいものが感じられる。明日は播種。 播種機を出し、点検。殺菌剤を混ぜ合わせた育苗培…

浚渫

この時期、用水取水口前の浚渫を行う。昔は水普請といって村総出でやったというが今は機械バックホーを頼んでさらってもらう。土木事務所に届け出て草刈りをし、安全確保して進める。作業中はこちら。 後ろの山は大山、雨降山。これが終わると水の確保ができ…

乾田効果

乾く田んぼは肥料の効果が高く、いつも湿気ってる田んぼは薄いという。十日間雨がなく絶好の日和。

黒キャベツ出荷

6束出荷 はるみの種子が届いた。平塚にある全農の試験場で育成された品種。今年から大々的に始まる。コンクールで特Aを取ったと評判になっている。

ぼかし肥作ってみる

有機農業実践に向けて、ぼかし肥を作ってみようと色々資材を揃えた。油粕、骨粉、魚あら粕、鶏糞あとは米ぬかを入れる。上手くいくか?匂いが凄そう。これはテキストには書いていない。

フレコン袋活用

稲刈り後の籾 一時保管に買ったフレコン袋だが使わなくなっていた。輪切りにして一部は踏み込み温床の支えに、底の部分は大きなお椀型になるのでいちっこの代わりに堆肥を運ぶ器になった。運ぶためにポリフネを買おうと思っていたので上手い活用となった。使…

そうかケイ酸か

新品種はるみの講習会が厚木市農協の支店で今夜開かれた。倒伏と育成、肥料など。 整粒歩合を高めるにはどうしたらいいか質問。窒素やカリをいくらやっても上がらない。ケイ酸肥料を例えば、農力アップを60から80キロ、今の時期に撒き、稲の光合成や蒸散に作…

もみがら薫炭完成

焼き終わって5日、完全に熱がなくなって袋に入れて持ち帰る。無菌、無栄養、殺菌済みの土壌改良材となった。

雨の降る前に

朝テレビを見ると午後から雨予報。午前の籾摺りを急遽稲刈りに変更。登熟は過ぎているので乾燥機が空いたらすぐ稲刈りにはいる。丁寧に株を踏まないように、条とスピードを合わせる。一時間後ぽつぽつきた。セーフ。