日々のくらし米麦野菜 清水農園・厚木

神奈川県厚木市の小農家 都市化の中でチャレンジ

小麦調製

地干しした小麦を梅雨の合間に唐箕で煽り、藁やハカマ、頴を飛ばす。負荷をかけずに精米機を通し磨く。これを2回やって玄麦をきれいにする。もう一度地干しして秋まで保管庫にしまう。なんでも手間はかかる。小麦も同じ。この唐箕は年代もの。傷み始めたがま…

麦地干し

午前中に脱穀が終わり、直ちに地干しにかかる。みるみる色が変わる。明日から梅雨の時期に入りそう。 次に植えるスイートコーンが出番を待つ。

麦架け干し

刈り取りに2日かかった小麦。7日からは梅雨入りしそうなので明日は脱穀だ。脱穀機も引っ張り出してオイルを見て、ガソリン入れて、3発目で始動。掃除したつもりでもあちこちに小麦粒や藁、小片がある。明日は全部開放して落としてから始めよう。

大風と大雨にさらされた小麦が

まるで絵画のような凄い姿になった。21日未明からの大風と大雨でうねるような姿になった。なびいているだけで座屈はしていないので少し安心。6月初めには刈り取り。そのあとはスイートコーンを植える。

今朝の夢未市出荷

自慢の小麦ユメシホウを強力粉として販売。サラダケールを始め、生産履歴記帳用紙を出力。ビーツやスイスチャード、トレビスはまだ一般用紙で記入とのこと。トレビスはキャベツと混植して蝶々よけにしようと思う。

小麦の花懸け

先々週から出穂が始まった小麦。今朝見に行ったら花が咲き始めていた。今夜は雨と☂️予報がでているが稲の受精のように朝の一瞬なら影響はないんだが。今朝はジャガイモの発芽にばらつきがあり買い足したメークインの植え付け。帰って気になったサラダケール…

ジャガイモ、にんじん発芽、麦出穂

ジャガイモ🥔ですとろいやだんだん株が大きくなってきた。 にんじん🥕も芽でたいシートを剥がして不織布を掛ける。 麦の出穂が始まった。刈り取りは6月始め。

ようやく強力粉出荷

昨日から出荷。さい先良く一つ売れた。

新しい粉 強力粉

新しい粉でホームベーカリーでパンを焼いてみた。500グラム二斤分焼いた。形、膨らみも申し分なし。安全なパンの出来上がり。小麦銘柄はユメシホウ。7割の水の量て人肌くらいの湯温でよく膨らむ。

種子法廃止と日本の農業

山田正彦さん(元農林大臣)の講演会が厚木市農協を会場にして開催された。会場は満員、市民も関心高い。主催は日本の種子を守る会。TPP発効が昨年12月30日。この前から現在以降も安倍政権のもと、企業が世界一自由な活動を保証し、市民・労働者・農民の権利…

作付け計画

この3月で42年の勤めも終わり、農業に専念する予定。いくつか目標を立てて実行する。まずは健康で丈夫な身体。売り上げを100万にする。そのために圃場の拡大と作付け計画、技術を磨くこと。農協に相談して作付け計画の見本を貰い、圃場の特性を探り、輪作の…

麦踏み 仕事始め

11月の末に播いた小麦ユメシホウが一週間くらいで芽が吹き始め、揃ってきたので麦踏み1回目。15メートルの8作なので出来ても量は少ないが、パンを焼く。10回踏めというがなかなか続かない。踏んでいると通りがかりの人があっ麦踏みだと話しているのが聞こえ…

小麦発芽

6日は芽がなく、8日は発芽していた。24日播きなので13日かかったことになる。

グリッシーニの生ハム巻き

農業まつりに合わせて開催される品評会は楽しみの一つ。今回我が家では、さつまいも、落花生、セロリとこのグリッシーニを加工品で出す。金時にんじんはまだ太さが足りない。ビーツもまだ小さい。グリッシーニに生ハム巻いて食べてみようと買ってきた。ワイ…

ヒンメリを頂く 見飽きない

縁あってヒンメリをいただいた。菱形を組み合わせた造形で二重になっていて風に揺れる様は見飽きない。調べるとヒンメリは北欧フィンランドの伝統的な装飾品、冬至の頃のお祭りであるヨウルに飾られる。別名、光のモビール。クリスマスの時期に当たるのでク…

バジルとトマトのグリッシーニ

うちの小麦粉を使ってグリッシーニを焼いてみた。バジルも自家製。トマトはトマトジュース。焼き色は美味しそう。明日、職場の前の仲間の同窓会に持って行きます。

麦わら出荷

麦を作る人が減っているという。近所でも敷き藁用やお盆のたいまつ用に作るだけという人が多い。夢未市やグリーンセンターへの麦わらの出荷者もうちだけ。貴重と言えば貴重。

4品目出荷

キャベツ初出荷、ちりめんレタス最後の出荷、黒キャベツ、強力粉など4品目出荷。これまでで一番多い。まだ雨が残り、ネットを潜る時に泥をかぶる心配があるので水を通した。ネット栽培はここが面倒で弱点。雨があると途端に作業煮手間がかかる。キャベツはミ…

パンになって戻ってきた

差し上げたうちの小麦粉。今日美味しいパンになって戻って来てくれました。しっとり、柔らか、噛みごたえがあり、皮が美味しい。こんなパンが焼けるようになりたい。

ハウミューレ

相模原のハウミューレはドイツパンの店。ライ麦のパンを2つ購入。小麦の研究の気持ちで。

季節は巡る 地干し

麦の季節。先週脱穀した小麦を梅雨の合間に干す。干すと色が次々と変わる。鮮やかなオレンジ色からくすんだ色に変わり、また干す時は色が戻る。今年は少ない。40キロくらいか。発芽不良、反射熱など諸要因。 麦の季節にこのブログ初めて1年たちました。

麦刈り

来週から梅雨に入りそうということで2回目の麦刈り。先週刈った分は午前中に脱穀して地干しした。このバインダー何年使っているんだろう。ずいぶんと長い。

梅雨に追われるように麦刈り

来週から曇りや雨が続きそう。午前は植え代かき。午後から麦を半分刈った。半分というのは、鉄板囲いのせいで作の登熟にばらつきが出ている。半分刈ったのもこれがため。これでも県知事は営農条件に支障がないとして農転許可するというのか。農業振興地域に…

刈取結束機(バインダー)整備とおやつ

来週予定の麦刈りと田植えに備えてバインダーと田植えの準備、グリスアップを行った。仕舞う時はガソリン抜いているので一発でかかり、マニュアル見ながらグリスアップを行った。ホームベーカリーで焼いたパンをおやつにする。ジャムのアヲハタはなぜヲなの…

小麦に防鳥網掛け

畑に行く度に見ているがここに来てスズメが穂を食い荒らす跡が目立って来た。いったん学習すると仲間で伝え合うようにあっという間に増える。2時間半かけてネット張りに励んだ。たたむと長くなり、張ると縮む。変わるから厄介。漁師にはなれないな。大きい穴…

麦わら販売

連休が始まり、東名高速に向かう車で大渋滞。一方でこの時期は苗ものが並び、家庭菜園もオンシーズン。夢未市にも苗が並びます。そこで家庭菜園用に敷きわらを出品。麦わらは中空で腐りにくく最適です。

麦が立つ

小麦(ユメシホウ)が穂を伸ばし立ってきた。この景観が好きだ。赤カビ病対策にトップジンMを散布。かぶの間引き、ジャガイモの土寄せ1回目、すぎな抜き。かぶの発芽が揃わず、反省。播種の穴をもっと大きく、径3センチくらいに、畝を作った時に土を叩いたほ…

鉄板囲いの悪影響

遠いところはこの時期の標準 近いところはもうややもすれば穂ばらみ 隣地の農地転換の際に、鉄板囲いでは南側農地は反射熱で影響を受けると主張した。小麦の成長がこんなにバラついていいはずがない。周辺農地の営農条件に支障のないことという条件はどうな…

小麦の茎が立って来た

茎が立って来たのでようやく追肥ができた。撒いた肥料を土で丸め込むように土寄せを行った。農転した隣地の鉄板囲いのせいで成長にはっきりばらつきがある。反射熱で結構暑い。 かぶを播いた畝にジョウロで水をかけ新聞紙を敷いた。 発芽が揃うようにおまじ…

粉屋さん廃業

ここしばらく小麦の粉挽きをお願いしていた相模原の精米所が廃業された。相模原は畑が多く、昔は小麦が盛んに作られた。ここもそうした小麦、農林61号を粉にしてうどんにすることで営業が成り立っていたが作り手が減り廃業のやむなきに至ったという。ゆっく…