日々のくらし米麦野菜 清水農園・厚木

神奈川県厚木市の小農家 都市化の中でチャレンジ

カラフルにんじん出荷開始

f:id:shimizufarm:20190715082330j:image

    5束出荷したが写真は出荷できないにんじん。割れ、また根、伸び不足。上からにんじんに触り、太さを確かめ引き抜くが抵抗があればまた根を覚悟し、なければ伸び不足を心配し、洗ってみてわれがあるとガッカリする。今回で出荷できる秀品率7割程度。肥料や耕運、石拾いが左右するという。

共同作業草刈り

f:id:shimizufarm:20190714213622j:image

    今日は中干しと同時期に行われる一斉草刈りの日。小雨決行で行われた。カメムシ対策として道路上、水路際の雑草を刈る。一斉にすることで逃げ場をなくすこと、出穂期に田にカメムシが飛び込まないように、居場所をなくすことが目的。多面的機能発揮促進事業の一つ。刈りおえるとスッキリする。田んぼの景観も向上する効果がある。

カラフルにんじん

f:id:shimizufarm:20190713150739j:image

    そろそろ出荷を始めようかと掘ってみた。やや細いがこれくらいから出し始めないと最終のころは割れてしまう。この春からの出荷で学んだ。早めに出し始め、早めに終了しないと品質は保てない。普通の五寸にんじん🥕は割れ始めた。

丹波黒豆定植

f:id:shimizufarm:20190712205143j:image

    雨が降る前にと昨日11日午後大急ぎで準備し定植。30日に播種、基本は12日から15日目の本葉2葉が出てからだがお天気が優先で臨んだ。ポツポツと降る中、360株くらいは植えた。お正月用によく売れるし、注文もくる。草を抜き、溝を掘り、堆肥とセルカを撒き土を戻し植え床を作る。梅雨時は忙しい。植えてしまえば今度は適度なお湿りが欲しい。昨夜来の雨がありがたい。灼熱の、季節はもうすぐ。早く池中深くに根を下ろして欲しい。そうそう、昨日はビーツの注文があった。ありがたいことです。

キャベツの甘酢漬け?

f:id:shimizufarm:20190710200329j:image

   カレーといえば思い出すVANカレーの付け合わせのキャベツの甘酢漬け。学生時代に神田神保町三省堂あたりの路地にVANカレーというカレー屋があった。付け合わせが福神漬けのほかにキャベツの甘酢漬けがあった。出荷に不安のあるキャベツは自家消費するが、カレーの日はこのキャベツの甘酢漬けを作る。乱切りにしたキャベツに塩をし頃合いをみて酢、マヨネーズ、砂糖を適当に加え混ぜる。あとは食べるだけ、1キロくらい全部食べられる。キャベツは健康にいいしいうことない。

落花生土寄せ

f:id:shimizufarm:20190709200851j:image

    これまで落花生の土寄せは三角ぐわで行なってきた。丹波黒豆を定植する前に堆肥を溝施肥するために、管理機を持ち込んだものだからその管理機で落花生の土寄せもやってみた。三角ぐわ用の狭い条間だがなんとかできた。湿気を帯び黒い土をみると落ち着く。