日々のくらし米麦野菜 清水農園・厚木

神奈川県厚木市の小農家 都市化の中でチャレンジ

コールラビ 宝石のよう

f:id:shimizufarm:20200601194228j:image

 とてもきれいでひすいのよう。夢未市では前から出されている。今季も出荷されている。直売所にはスーパーでは売られていない珍しい野菜を買い求めるお客さんも来られるという。コールラビもそうした野菜の一つなのだろう。明後日あたりから出荷予定。アブラナ科で茎が肥大したもの。葉の付け根が肥大するとかぶになる。かわを厚めに剥いて、サラダや煮物、炒め物に最適。

 根がしっかりと地を掴んでいて切り離すのに一苦労いる。

小松菜、菜々美

f:id:shimizufarm:20200521204029j:image

 とてもスタイルのいい小松菜、菜々美。茎と葉のバランスが良く、見た目よりも重く、スーパー納品のようにグラム数重視には向きそう。病気にも強いという。しかしこの後、葉にポツリポツリと穴が開き始めた。カタツムリの仕業かナノクロムシの仕業か。

ピーマン定植

f:id:shimizufarm:20200521201257j:image

  3月1日に播いたピーマン、ニューエースを80日経ってようやく定植できた。長ナス、長者に続いて定植してようやくホッとした。順調にいくといいんだが。このあとは、6、7割種を腐らせた落花生が待っている。

サラダケール

f:id:shimizufarm:20200510222200j:image

 8月に種をまき、10月に定植、11月から収穫を始め、今日まで足掛け6ヶ月の長きにわたって夢未市の店頭を飾ったサラダケールも2月から抽台が始まりだんだん株を減らしてきた。なかなか人気があり、絶やさないように管理してきたが新しい株にバトンタッチするため今日が見納め。ハウス内の管理された環境がいかに素晴らしいか理解できました。

 菌核病はZボルドーの定期散布で防ぎますが、春になると天敵蝶々が舞い始め青虫を産み付けます。一つずつ取って守ってきました。太い幹が逞しい。

玉レタス フリフリッカー

f:id:shimizufarm:20200507205634j:image

 玉レタス栽培🥬2回目に挑戦した。径14センチ、重さ700g。綺麗な形にまとまりました。玉レタスは結球すると弱くなるていうので敬遠していたので出荷を急ごう。