日々のくらし米麦野菜 清水農園・厚木

神奈川県厚木市の小農家 都市化の中でチャレンジ

夏まきにんじん種購入

f:id:shimizufarm:20180619231552j:image

   夢未市に行ったら夏まきのにんじん種があり購入。東洋系にんじんの金時にんじん、この秋は五寸にんじんのベターリッチをつくる予定だったが、これは西洋系。八月上旬まきなら無農薬で作れるという。セリ科で匂いがきついので虫がつきにくいのだろう。太陽熱消毒とぼかし肥料で育てる予定。7月上旬から始める。しかし、この色赤すぎないか。断面の色は少し薄め。尻がこけないように太らせるのは難しそう。

麦わら出荷

f:id:shimizufarm:20180617095430j:image

   麦を作る人が減っているという。近所でも敷き藁用やお盆のたいまつ用に作るだけという人が多い。麦わらの出荷者もうちだけ。貴重と言えば貴重。

 

   つ

 

キャベツ破裂涙😢

f:id:shimizufarm:20180616201732j:image

    ミニックスは500グラムから800グラムで出荷と種袋にあるが、貧弱に見えるので出荷を引き延ばしていた。出荷と思ったら二玉は破裂。測ったら1400グラムになっていた。見た目はいいが完全に遅れ。気をつけよう。

ご褒美

f:id:shimizufarm:20180616155625j:image

   畦畔に除草剤使わないご褒美に今年もネジバナが咲いた。ネジバナは河原や田んぼの畦畔にはえる。見かけなくなったが、何年か前に気がついたらはえていた。冬場に除草剤をまく人が増えたが、我が家は草刈機で済ませている。そうした結果、復活したんだと思う。大事にしたい景色である。

   

4品目出荷

f:id:shimizufarm:20180616092751j:image

   キャベツ初出荷、ちりめんレタス最後の出荷、黒キャベツ、強力粉など4品目出荷。これまでで一番多い。まだ雨が残り、ネットを潜る時に泥をかぶる心配があるので水を通した。ネット栽培はここが面倒で弱点。雨があると途端に作業煮手間がかかる。キャベツはミニックスという品種でキャベツにしてはブルームがなく、つやつやしている。見た目が美味しそう。

   夢未市は雨のせいか出荷少なめ。

   

キャベツの芯

f:id:shimizufarm:20180614075728j:image

   丸キャベツを定植し、葉が巻き始めた頃、ヨトウムシに中心部を食い破られた。あっという間だった。ネット栽培は気がついても剥がすのをちょっと面倒がると手遅れになる。株の間隔確保のためそのままにしておいたが、取り出し食われた部分をめくったのがこれ。ピクルスにして今夜いただきす。

相原黒豚肩ロースの黒キャベツ巻き、トマト煮

f:id:shimizufarm:20180612150203j:image

   黒キャベツの消費拡大に料理を試した。先日買った相原高校畜産科学科の黒豚肉と合わせ、黒キャベツで巻いて、やはり相性のいいトマト煮にした。一旦冷まして味がしみこんだら美味しそう。トマトの海に沈む緑の筏という感じ。今夜いただきます。